「4人の範士が徹底解説」昇段審査対策DVDor書籍が手に入るのは、公式通販サイトだけ!

【秋田】インターハイ予選結果(戦評)

【秋田】インターハイ予選結果(戦評)

文・齋藤淳一(秋田県高体連剣道専門部委員長)

 男子団体決勝戦は秋田商業と秋田の対戦となった。先鋒戦、秋田の久米がメンを先取し波に乗るかと思われたが、秋田商業三浦が面を二本取り返し逆に主導権を握った。次鋒・中堅と引き分けた後、副将秋田の工藤がドウを先取し、流れを引き戻すかに思われたが秋田商業打川がメンに対し出頭のコテを取り返し、流れを渡さない。大将戦は秋田商業高橋が相手を寄せ付けず二本勝ちをおさめ、2大会ぶり22回目の優勝を果たした。

 女子団体戦決勝は秋田北と秋田商業が対戦。先鋒から中堅まで引き分けが続きお互いに一歩も譲らない展開であったが、秋田北副将児玉が起死回生の相ゴテメンを決めて勝利を収める。大将戦は秋田北畠山が相手の猛攻をかわして秋田北が2大会連続21回目の優勝を遂げた。

 男子個人戦は秋田商業高橋(3年)が決勝まで安定した強さを見せ優勝、2位には秋田南東海林(2年)が入った。女子個人戦は秋田北小野(2年)と秋田商業及川(1年)の決勝となったが、秋田北小野が小手を二本決め優勝した。

結果

男子団体(25校)

 優勝・秋田商業(2大会ぶり22回目の優勝)
 2位・秋田高
 3位・秋田南高
 3位・明桜

女子団体(14校)

 優勝・秋田北(2大会連続21回目の優勝)
 2位・秋田商業
 3位・秋田南
 3位・能代

男子個人(138名)

 優勝・高橋京太郎(秋田商業3年)
 2位・東海林健太(秋田南2年)
 3位・三浦輝優(秋田商業3年)
 3位・打川 武(秋田商業3年)

女子個人(80名)

 優勝・小野萌子(秋田北2年)
 2位・及川日菜子(秋田商業1年)
 3位・児玉杏菜(秋田北2年)
 3位・佐藤悠月(秋田北2年)

※インターハイ各都道府県予選結果総覧を、剣道日本9月号に掲載する予定です。

剣日Forumうぇぶカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。