「4人の範士が徹底解説」昇段審査対策DVDor書籍が手に入るのは、公式通販サイトだけ!

【富山】インターハイ予選(戦評)

【富山】インターハイ予選(戦評)

資料提供・大野誠

インターハイ出場校

男子団体 龍谷富山高校 4年連続7回目の出場!

女子団体 富山北部高校 4年ぶり13回目の出場!

男子個人 1位 南塚 晴貴(龍谷富山)、 2位 信濃 壱星(龍谷富山)

女子個人 1位 水戸 柚月(富山)、 2位 澤田 遥子(富山北部)

戦評

 男子団体戦は、先に開催された春季大会でシード権を獲得した龍谷富山、富山、高岡工芸、富山工業の4校が順当に勝ち上がり、準決勝に進出した。準決勝の組み合わせは、龍谷富山対富山工業、高岡工芸対富山となった。龍谷富山対富山工業の試合は、先鋒戦、中堅戦、副将戦を龍谷富山が勝利し、決勝進出を決めた。一方、高岡工芸対富山の試合は、富山が先鋒戦、高岡工芸が中堅戦を勝利し、緊迫した試合の流れを作った。大将戦は、両者一本ずつ取得し、粘り強い試合を添加した。勝ち気に勝った高岡工芸が決勝進出を決める一本を取得し、勝敗を決した。

龍谷富山対高岡工芸の決勝戦は、両校気迫あふれる試合を展開した。しかし、先鋒戦から中堅戦を龍谷富山が勝利し、試合を決定づけた。龍谷富山は最後まで気を緩めることなく試合を展開し、5戦全勝で4年連続7回目のインターハイへの切符を勝ち取った。

 女子団体戦は、先に開催された春季大会でシード権を獲得した富山北部、高岡工芸、高岡の3校に加え、シード校に勝利した南砺福野の4校が準決勝に進出した。準決勝は、富山北部が高岡を3対1で下し、また、高岡工芸が南砺福野に2対2の本数差で競り勝ち、ともに決勝に進んだ。決勝戦では、富山北部が次鋒戦、中堅戦、大将戦を勝利し、4年ぶり13回目となるインターハイへの切符を手にした。

 男子個人戦は、参加167名の中から、南塚選手、信濃選手(龍谷富山)が決勝に進出した。南塚選手は、序盤に中間からの攻防の後、信濃選手が上段に構え直した直後、鋭く攻め入り右コテをとらえた。信濃選手も、間合を詰めながら、得意のメン、コテを狙う攻防を展開した。試合も中盤にさしかかったころ、間合を詰めた信濃選手に対し、臆することなく前に出た南塚選手が、右コテをとらえ勝敗を決した。

 女子個人戦は、参加94名の中から、水戸選手(富山)、澤田選手(富山北部)が決勝に進出した。積極的に技を繰り出す澤田選手に対し、水戸選手は、終始落ち着いて対処した。水戸選手は、攻め・崩しと誘いを巧みに使い、澤田選手の隙を捉えた打突を繰り返した。試合時間も残すところわずかとなったころ、水戸選手は、仕掛けたメンに対して、澤田選手の体が引けたところ見逃さず、続けてコテを繰り出し一本を先取した。残り時間も少ない中、両選手は最後まで集中力を切らさず対峙した。試合時間4分の終了ブザーがなり勝敗が決し、水戸選手が、春季大会からの連続優勝を果たした。

※インターハイ各都道府県予選結果総覧を、剣道日本9月号に掲載する予定です。

剣日Forumうぇぶカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。