「4人の範士が徹底解説」昇段審査対策DVDor書籍が手に入るのは、公式通販サイトだけ!

インターハイ「山梨県予選」戦評

インターハイ「山梨県予選」戦評

報告 今村 幸永(山梨県高体連剣道専門部事務局)

本大会は新型コロナウイルス感染防止対策をガイドラインに沿って徹底して行い、3年生にとっては初の有観客で実施された。試合は延長戦を4分で区切り、延長戦2回ごとに休息と休憩を繰り返しとる形式で実施された。

 

 男子個人決勝戦は駒井颯次郎(甲府商業3年)と依田丞史(甲府商業1年)の同校対決となった。お互い手の内を知る中、積極的に技を繰り出し駒井が胴を先取。攻める依田と一歩も引かない駒井。そのまま4分が経過し、駒井が優勝を手にした。

 女子個人戦。決勝戦は北井玲那(甲府商業3年)と戸澤舞南(日本航空3年)の対戦となった。意地のぶつかり合いで、互いに果敢に攻めるが一本にはならなず延長戦へもつれ込む。最後は北井が胴を決め優勝を決めた。

 男子団体戦。決勝リーグは、甲府商業、東海大学付属甲府、日本航空、甲府工業が激突した。最終戦、甲府商業と甲府工業が2勝同士での対戦となった。緊張と共に始まった試合は、2(2)-1(2)で大将戦となった。依田吉(甲府商業)が面を先取。2本勝するしかない安達(甲府工業)が攻めに転じたところを依田が小手をおさえ勝負あり。甲府商業が5大会連続のインターハイ出場を手にした。

 

女子団体戦決勝リーグは、甲府商業、甲府南、東海大学付属甲府、日本航空が挑んだ。最終戦、優勝は2勝同士の甲府商業と日本航空の対戦にゆだねられた。試合は甲府商業が2-0とリードして副将戦へ。栗原(日本航空)が小手と面で2本勝ちし。大将戦へもつれ込む。お互い最善の技を出し熱戦を繰り広げたが、宮川(甲府商業)が小手を決め一本勝ち。甲府商業が優勝を決め、3大会連続のインターハイ出場を手にした。

編集部より

※全都道府県の結果(優勝チームの写真付)及びインターハイ団体戦トーナメントは、9月号(7月25日発売)に掲載

剣日Forumうぇぶカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。