「4人の範士が徹底解説」昇段審査対策DVDor書籍が手に入るのは、公式通販サイトだけ!

インターハイ「大阪府予選」戦評

インターハイ「大阪府予選」戦評

提供 髙坂秀和(大阪府高体連剣道専門部総務部)

【男子】

 決勝戦は大阪総体・選抜予選と優勝している近畿大学付属を破った東海大大阪仰星と、先の2大会のどちらも準優勝しており安定感を見せる興国の顔合わせ。次鋒戦で有効打突を取り合う展開を制し興国がリード。そのまま大将戦を迎え、興国が先に一本を先取するが諦めない仰星が取り返す。最後まで気の抜けない戦いであったが、試合時間終了とともに興国の優勝が決まった。

【女子】

 大阪総体・選抜予選共に優勝し、優勝候補筆頭となる四天王寺東が今大会も決勝にコマを進める。反対側では対抗馬として名乗りを上げる履正社が太成学院に敗れる波乱があり、そしてその太成学院を破った東海大大阪仰星が勝ち上がった。決勝では四天王寺東が流石の強さを見せ、先鋒から中堅まで3連勝を収めインターハイへの切符を手にした。団体戦としての勝負は決したものの、気持ちを切らさず戦う副将・大将。とくに仰星・大将の唐渡が一矢報いる形で放ったメンは素晴らしいものであった。

編集部より

※全都道府県の結果(優勝チームの写真付)及びインターハイ団体戦トーナメントは、9月号(7月25日発売)に掲載

剣日Forumうぇぶカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。