「4人の範士が徹底解説」昇段審査対策DVDor書籍が手に入るのは、公式通販サイトだけ!

インターハイ「福岡県予選」戦評

インターハイ「福岡県予選」戦評

提供 畑江秀彦(福岡県高体連剣道専門部)

団体戦 

男子団体は、全国選抜3位の東福岡、選抜出場の福岡第一、新人優勝の福大大濠、新人準優勝・選抜予選3位の西短大附などを中心に実力が拮抗した戦いが繰り広げられた。

準決勝、福岡第一対西短大附は1─1の本数差で福岡第一の勝ち。東福岡対春日は3─0で東福岡の勝ち。決勝戦、福岡第一対東福岡。福岡第一の先鋒:佐々木が一本勝ち、次鋒引き分け、中堅、福岡第一の小野がコテを取って一本勝ちをおさめ、王手をかける。東福岡の副将:中川原、引き分けも許されない状況の中、果敢に攻めるも有効打突を奪うことができずに引き分け、福岡第一の優勝が決まった。

女子団体は、準決勝、中村学園女子と全国選抜3位の筑紫台、3-0で中村学園女子の勝ち。一方、新人で中村学園女子、筑紫台を倒して優勝した福岡第一と、新人・選抜予選ともにベスト8の八女は、大将戦を八女の大将:朝日が一本勝ちを収め代表戦へ。代表戦でも朝日がメンを決め八女が決勝へ。決勝、先鋒戦は八女の西がメンを先取し、会場を沸かせるも終盤に中村学園の松岡がドウを返し引き分け。中村学園女子は次鋒以降、個人戦の上位独占者が登場。次鋒:北澤がドウで一本勝ち、中堅引き分けの後、個人優勝の鈴木が副将戦を制した時点で、中村学園女子がインターハイ10大会連続出場を決めた。

個人戦

 男子。準決勝に進出したのは、福大大濠の留場、林。西短大附の柳詰、福岡第一の妹尾の4人。留場が柳詰、妹尾が林を下し、決勝へ進出。決勝は中盤に留場が出コテを先取し、そのまま時間となり留場が優勝した。

 女子個人。準決勝に進出したのは、鈴木、池田、北澤、門田の中村学園女子の4人となった。鈴木、池田の決勝を鈴木が制し優勝した。

編集部より

※全都道府県の結果(優勝チームの写真付)及びインターハイ団体戦トーナメントは、9月号(7月25日発売)に掲載

剣日Forumうぇぶカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。