「戸田忠男範士のメソッドを学ぶ超貴重映像」DVDが手に入るのは、公式通販サイトだけ!

【新潟県】インターハイ予選結果

【新潟県】インターハイ予選結果

令和元年5月31日(金)〜6月2日(日)

新発田市カルチャーセンター

女子個人戦

 五泉高校の内藤美心選手と、同じく石原幸恵選手の同一校選手の決勝戦。延長に入り、内藤選手がコテを決め優勝を手にした。

男子個人戦

 新潟商業高校の神代竜汰選手と、同じく長谷川碩亮選手の同一校選手の決勝戦となり、神代選手がメンを決め一本勝ちで優勝を手にした。

女子団体戦

 五泉と新潟商業の決勝戦。

 先鋒戦は引き分け。次鋒戦では五泉の内藤美心選手がドウの一本勝ちで、さらに中堅戦で五泉の大湊楓華選手がコテの一本勝ちを収めリードを広げた。副将戦は引き分け、大将戦で五泉の小坂井麻優子選手がメンの一本勝ちを収めた。五泉高校が優勝し、2連覇を果たした。

男子団体戦

 新潟商業と東京学館新潟の決勝戦。先鋒から大将まで5人とも新潟商業が勝利し、優勝を果たした。

 先鋒戦は若狹拳斗選手がコテの一本勝ち。次鋒戦では飯田匠選手がコテ、メンで二本勝ち。中堅戦は神代竜汰選手がメン、ドウの二本勝ち。副将戦は倉石隼輔選手がメンの一本勝ち。大将戦では長谷川碩亮選手がメン、コテの二本勝ちを収めている。

男子団体戦(33校)

 優勝・新潟商業

男子団体戦優勝・新潟商業高校

 2位・東京学館新潟

 3位・帝京長岡、新潟明訓

女子団体戦(30校)

 優勝・五泉

女子団体戦優勝・五泉高校

 2位・新潟商業

 3位・三条、新潟中央

男子個人戦(176名)

 優勝・神代竜汰(新潟商業3年)

 2位・長谷川碩亮(新潟商業3年)

 3位・小池貫太(五泉3年)、倉石隼輔(新潟商業3年)

男子個人戦上位入賞選手

女子個人戦(128名)

 優勝・内藤美心(五泉2年)

 2位・石原幸恵(五泉2年)

 3位・加藤七海(五泉3年)、堀川倫華(新潟中央3年)

女子個人戦上位入賞選手

剣道日本9月号に掲載
購入は、https://kendonippon.official.ec/

剣日Forumうぇぶカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。