「戸田忠男範士のメソッドを学ぶ超貴重映像」DVDが手に入るのは、公式通販サイトだけ!

残心とは心を残さないこと? 残心の二つ目の意味について(中編)

残心とは心を残さないこと? 残心の二つ目の意味について(中編)

残心とは心を残さないこと? 
残心の二つ目の意味について(中編)

休刊告知号(2018年/No.504)より―

(前編はこちら)

 高野佐三郎は小野派一刀流の系譜に連なり、同じ一刀流系である幕末の名剣士千葉周作から受け継いでいる記述が著書の中に多く見られる。この二つ目の意味は、『千葉周作遺稿』(昭和17年刊)にも収録されている「北辰一刀流十二箇条譯」にある、次の記述が元になっているものと思われる。

「残(ざん)心(しん)とは心を遺さず打(うつ)と云事なり。中(あた)るまじと思ふ所など、わざと打(うつ)などは皆残心なり。心を遺さず身を廢(すたる)は、之に還(もど)ると云理なり。斯云(いへ)ば、行過(ゆきすぎ)越(こし)身(み)なるやうなれども、斯危殆(あやうき)所を勤(つとめ)ねば孤疑心なりて、慳悋(おしむ)心(こころ)になりて、業の神妙に至る事叶はず、是(ここ)を以て勝所(かつところ)に負あり。負(まく)る所に勝あり。其危負(あやうきまけ)ある所を力(つとめ)て自然に勝ちある事を自得すべし。(中略)假令(たとえば)、茶碗に水を汲(くみ)、速やかに捨(すて)去、又中を見れば、一滴の水あり。是速やかに棄るが故にもどるなり。是を以て惜しまず廢事(すたること)を當流の要とす。是ぞ奥義の一刀圓満なり。終(つひ)、磨(みがき)し玉の端(はし)無(なき)が如(ごとく)の時に至るべし」


 ここでは現在言われる打った後の身構え、心構えということにはまったく触れておらず、二番目の意味の、心を残さず打つことが「残心」であり、それが北辰一刀流の奥義であると言っている。その後ずっと踏襲されることになる、容器に入れた水に例えての説明もここから始まっているようだ。


 では、その当時は、「打った後の気構え、身構え」という意味では「残心」という言葉を使っていなかったのかというと、そうではない。古くは江戸時代初期、柳生十兵衛が著した『月の抄』に以下のような記述があることを、本誌平成25年3月号で武田隆二氏(山形大学教授)が指摘している。

「勝たりとも打はづしたりとも、とりたりとも、ひくには掛るにも、身にても、少も目付に油断なく心を残し置事、第一也」

 ここでは、「残心」という熟語にはなっていないが、現代で言う一つ目の意味と同じである。

 他の武道でも、「残心」という言葉は使われる。弓道の弓を射る動作を8つの局面に分けて説明した「射法八節」の8番目が「残心」(または「残身」)で、「射の総決算。矢が離れた時の姿勢をしばらく保ちます」と全日本弓道連盟のサイトでは説明されている。芸道にも「残心」は使われ、茶道に「余情残心」という言葉がある。客が帰ったあとに残りの茶を飲みながらその日のことを反省し、客のことを考えるということだという。

 剣道でもそれらと共通する、一つ目の意味での「残心」が古くから、おそらく江戸時代から使われていたと考えていいと思われる。ただし、宮本武蔵の『兵法三十五ヵ条』にも「残心」という言葉は登場するが、これはまったく違う意味で使われている。

 明治時代になると剣道書の中にも第一の意味での「残心」という言葉が見られるようになる。しかしこの時期からしばらくの間は、「残心」の大事を説くよりも「残心」のない「引き揚げ」を戒める記述が多くなる。榊原鍵吉に始まる撃剣興行で、そのような引き揚げが広まったからだと考えられている。

 戦後最初につくられた全日本剣道連盟の試合規則には「残心」という言葉はない。有効打突(有効な撃突)は、「充実した気勢、刃筋正しい技、適法な姿勢とを以て加えた撃突」とされ、「禁止事項」として「引揚げ」が最初にあげられていた。昭和54年に改正された規則でも同様で、有効打突の条文に「残心」はなく、「次の場合は有効としない」として「見苦しい引き揚げをした場合」をあげているだけだ。

 有効打突の条文に「……残心あるものとする」が加えられたのは昭和62年の改正時であり、意外と新しい。

(後編につづく)

『日本剣道の歴史 英訳付き (剣道日本) 』

著・酒井利信著/訳・アレックベネット

公式通販サイトにて販売中

コラムカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。