「4人の範士が徹底解説」昇段審査対策DVDor書籍が手に入るのは、公式通販サイトだけ!

【島根】インターハイ予選結果(戦評)

【島根】インターハイ予選結果(戦評)

文・藤田和弘(島根県高体連剣道専門委員長)

観戦記

大社が男女アベックで出場権獲得

男子団体の決勝は、大社と出雲商業の対戦となった。先鋒の大谷が二本勝ちを納め大社が先手を取った。次鋒・中堅と引き分け、副将戦は大社が個人戦でも優勝した山根が横田の小村に出端メンで勝利し優勝を決定させた。中国大会でも優勝したこのチームは実力を出せば上位を狙えるチームである。

女子団体は、選手層の厚い大社と、二年生が主体の松江東との対戦となった。

先鋒戦では大社の杉山が足を使い攻め込んでメンで一本勝ち、続く次鋒戦でも終始せめ続けた大社の深津が二本勝ちを収めた。中堅は引き分けで、副将戦では大社の加藤が相手を守らせて崩れた所のコテで一本勝ちをして優勝を決定させた。大社は中国新人戦では個人で一位から三位まで三人が入賞し、力のある選手がそろっているため、全国大会が楽しみなチームである。

男子個人戦はベスト4のすべてが大社勢となった。決勝は山根平選手・坂本凉輔選手の対戦となり共に手を知り尽くしている者同士の勝負であり5回の延長戦を数えることになった。最後は山根が先をかけて思い切ったメンで優勝を果たした。

女子個人戦は、決勝は福島紫奈乃選手(大社)と加村優衣選手(松江高専)である。加村選手は崩れない剣道で上にのって攻めるオーソドックスな剣道、一方、福島選手は小柄ながら、巧みな竹刀操作で安定した戦い方で勝ち上がってきた。気迫と集中力があった福島選手が加村選手がコテにきたところをメンに乗って優勝を決めた。

男子の山根選手、女子の福島選手は団体、個人と活躍し大会を大いに盛り上げた。

男子団体

 優勝・大社 2位・出雲商業
 3位・出雲西、横田

女子団体

 優勝・大社 2位・松江東
 3位・松江南、出雲商業

男子個人

 優勝・山根平(大社)
 2位・坂本涼輔(大社)
 3位・諏訪京四郎(大社)、大谷優輝(大社)

女子個人

 優勝・福島紫奈乃(大社)
 2位・加村優衣(松江高専)
 3位・深津愛稀(大社)、杉山あかり(大社)

※インターハイ各都道府県予選結果総覧を、剣道日本9月号に掲載する予定です。

剣日Forumうぇぶカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。