「4人の範士が徹底解説」昇段審査対策DVDor書籍が手に入るのは、公式通販サイトだけ!
【山口】インターハイ予選(戦評)

資料提供・木下賢治

戦評

 男子個人戦決勝は、岡村晴矢選手(西京)と伊藤大晟選手(桜ケ丘)の対戦となり、岡村選手がメンを連取し優勝を決めた。

 女子個人戦決勝は、臼井くるみ選手(新南陽)と山根あかり選手(桜ケ丘)の対戦となり、臼井選手がメンの一本勝ちで優勝を決めた。

 男子団体戦決勝は、先に行われた中国大会予選に、新型コロナ感染症の関係で出場できず悔しい思いをした二校、野田学園と下松工業の対戦となった。野田学園が次鋒、副将で二本勝ちを収め、初優勝を決めた。大将も一本勝ちし、終わってみれば相手に一本も許さない圧倒的な勝利であった。

 女子団体戦決勝は、前年度からどの大会も変わらないカード、桜ケ丘と新南陽との対戦となった。先の中国大会予選では新南陽が勝利している。次鋒が桜ケ丘、中堅が新南陽と一進一退の攻防の末大将戦、お互い思い切りの良いメンを打ち合う展開の中、桜ケ丘のメンが決まり直後に時間切れ、桜ケ丘が三年連続八回目の優勝を決めた。

結果

男子団体
 優勝・野田学園 2位・下松工業
 3位・西京、山口県桜ケ丘

女子団体
 優勝・山口県桜ケ丘 2位・新南陽
 3位・山口県鴻城、柳井

男子個人
 優勝・岡村 晴矢(西京2年)
 2位・伊藤 大晟(山口県桜ケ丘3年)
 3位・田中 兆(山口県桜ケ丘3年)
 3位・岩本 啓吾(新南陽3年)

女子個人
 優勝・臼井 くるみ(新南陽3年)
 2位・山根 あかり(山口県桜ケ丘3年)
 3位・河野 礼佳(山口県桜ケ丘3年)
 3位・壹岐 そら(新南陽3年)

※インターハイ各都道府県予選結果総覧を、剣道日本9月号に掲載する予定です。

剣日Forumうぇぶカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。